tel.096-343-2801

医院案内Clinic

理事長あいさつ

理事長あいさつ

1950年にこの地に前理事長が開院してやがて70年、その間変わらず地域のかかりつけ医としての役割、企業・学校などの健康管理、そして、胃腸科の専門医として多様なニーズに応えることを当院の使命と考え診療を行っています。幸いに病診連携のネットワーク形成も整った現在では、より専門性を活かし患者様お一人お一人へ最善の医療の提供ができるようになりました。
2016年4月の熊本地震の際は、医院自体も被災したため近隣の方々の建物内の避難受入ができなかったことが今でも残念でなりません。今回、医院の大幅な改築に伴い、地震に負けない堅牢な建物としたいことを伝えて建築していただきました。あってはなりませんが、非常時の避難場所としても貢献できればと考えています。
今後も安心・安全な医療の提供をモットーに努めてまいります。

医療法人社団 鶴田会 理事長 鶴田 昭 つるた あきら

経歴
  • 昭和43年 京都府立医科大学 卒業
  • 熊本大学医学部第一内科入局後国立がんセンター 勤務
  • 熊本大学医学部第一内科医局へ戻り消化器内科医師として診療、後進の指導に当たる。
  • 40歳頃、父である前理事長とともに開業医として勤め現在に至る。

院長あいさつ

院長あいさつ

地域住民の皆様に親しまれ信頼される病院を目指して日々診療を行っています。
高血圧・糖尿病・高脂血症などの生活習慣病や慢性疾患の管理をはじめ、質の高い消化管内視鏡検査を行い、悪性腫瘍の早期発見・治療を行っています。
病状を分かりやすく説明し、必要であれば病診連携ネットワークを活用して、患者様お一人お一人に合った最善の医療を提供して行きたいと考えています。

院長 三井 貴博 みつい たかひろ

経歴
  • 平成17年3月 久留米大学医学部 卒業
  • 済生会熊本病院 勤務
  • 山鹿中央病院 勤務
  • 葛西昌医会病院 勤務
  • NTT関東病院 勤務
  • 熊本地域医療センター 勤務
所属学会等
  • 日本内科学会
  • 日本消化器学会
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本救急医学会

診療科目

胃腸科

胃痛や腹痛、下痢、便秘、胸やけ、食欲不振、ポリープ、腫瘍など胃腸疾患全般を診察します。小さな症状が大きな病気のサインということもありますので、胃腸に違和感を感じたら早めの受診をおすすめします。とくに胃腸は精神的なストレスが症状として表れやすい臓器でもあるので、体からのSOSを見逃さないようにしましょう。
当院は胃腸科の専門医として、70年の実績があります。ぜひ、気軽に相談できるかかりつけ医としてご利用ください。

内科

風邪やインフルエンザなどの感染症、高血圧・糖尿病・高脂血症などの生活習慣病、動悸やだるさ、不眠など内科疾患全般を診察します。「何科にかかればいいのか分からない不調」も、まずは内科にお越しください。
当院では病状や原因、治療法の分かりやすい説明を心がけています。必要であれば地域内の専門医と連携を取りながら、患者様にとって最善の診療を行います。

健康診断

市町村や企業・学校の健康診断を行っております。 病気が見つかった場合も、患者様に寄り添った治療計画を立てていきますのでご安心ください。必要であれば、専門の医療機関をご紹介することも可能です。

人間ドック

健康診断ではカバーしきれない病気まで、幅広く検査をします。
「もっと早く気づいていれば」という後悔は、患者様にとってもご家族にとっても大変辛いものとなりますので、30代を過ぎたら定期的な人間ドッグをおすすめしています。
当院では問診も丁寧に行っておりますので、「ちょっとした違和感がある」「遺伝的に心配な病気がある」など、なんでも遠慮なくお話しください。

消化器ドック

消化器を集中的に検査・診断します。胃腸が弱い、または胃がん、大腸がん、肝臓がんなど消化器の大病を患ったご家族がいる方に、ご利用いただきたいと考えています。
消化器とは、具体的には食道・胃・小腸・大腸という食べ物の通り道に加えて、肝臓や胆のう、膵臓という消化液を作ったり溜めておく臓器も対象としています。
消化器疾患も例外なく早期発見・早期治療が何より重要です。大切なご家族のためにも、ぜひご利用ください。

▲ページトップ